アジア第2位の日本企業進出国「タイ」

タイはアジアの中で中国に次いで日本企業が進出している国で、約7,000社がタイ国内で事業をおこなっていると言われています。
この内、バンコク日本人商工会議所に登録しているのは1,552社(2014年4月末現在)です。

業種では、やはりアジアの安い労働力を求めて進出した自動車や電子部品などの製造業が多いですが、タイから別の国への輸出ニーズも出てきたことで貿易や物流なども徐々に進出するようになりました。

そしてこれからはサービス業の進出が増えていくのではないかと予測しています。
というのも、タイの富裕層は2020年におよそ10%に、中間層まで含めると実に約80%に達すると言われているためです。

タイの富裕層が増えていけば、彼らをターゲットとした旅行や食などのサービス業が進出するケースも出てくるでしょう。
実際、タイの富裕層は日本食に対する関心が高く、現地の高級日本食レストランの常連だという人も少なくありません。
また、何度も日本を訪れている富裕層も多いので、本当に質の良いモノ・サービスであればタイの富裕層に受け入れられる可能性は十分にあると考えられます。

たとえば、タイの富裕層をターゲットに日本食をテーマとした富裕層旅行などを現地で展開するというのも、効果的な戦略のひとつかもしれません。

 


「富裕層ビジネスに参入したいがよくわからない、何からはじめたらいいのか教えてほしい」というお悩みをお持ちの企業向けに、当社では様々な独自サービスをご用意しています。

  • 富裕層が本当に興味を持つ生の情報を見てみよう!
    富裕層ビジネスの知見を深めるための富裕層メンバーシップサイトの企業向け年間閲覧権
  • 富裕層マーケティングの基礎から一部応用まで学ぶ富裕層ビジネス研修
  • 日本初の富裕層ビジネス専門資格
  • 本格的に富裕層ビジネスに参入したい方にオススメの富裕層ビジネス顧問契約。

他にも様々な商品をご用意しております。
富裕層ビジネスにお困りのことがありましたら、随時当社へお問い合わせください。

富裕層マーケティングのことなら株式会社ルート・アンド・パートナーズへ

関連記事一覧

  1. アジア富裕層の日本に対する関心などを継続的に調査するコンソーシアム「アジア富裕層マーケティング研究会」第2期募集開始のお知らせ

  2. タイのセントラルグループがロングステイの富裕層を対象にプーケットに商業施設を開店

  3. プーケット富裕層マーケティングのポイント:タイの富裕層をマーケットする

  4. 富裕層向け長期滞在ビザ「タイランドエリートカード」

  5. タイ進出において欠かせないSNS対応

  6. Phuket Experience Gift / プーケット体験ギフト