プーケット富裕層マーケティングトピックス〈移住編1〉:プーケットへの移住を考える際は、日本と比較をして違いを把握しよう

ヴィラ

40~50代でセミリタイアし、余生を温暖で物価も安い南の島で過ごす。
誰でも一度は考えた事があるのではないでしょうか。

しかし真剣にプーケットへの移住を考える場合、日本と比較して生活における違いをきちんと把握する必要があります。
特に次の3つについては、しっかりと事前に検討しておいたほうがよいでしょう。

1つは交通手段がないことです。
プーケットはタイで唯一の完全な島の県です。
沖縄県などとは違い交通機関が整備されていません。
自動車が無いと生活が難しいのが実情です。

次に気候の問題です。
プーケットは年間を通じて最高気温が33~34℃、最低気温が25℃ほどです。
これに年降水量2,200mmという湿度が加わります。
特にこのような気候と大きな違いがある地域に住んでいる場合は、移住後、気候の変化で体調を崩す可能性もゼロではありません。

最後は食事です。
タイは外食文化が盛んで、日本食レストランも多く存在していますが、移住するには当然現地の食文化にも溶け込む必要があります。
トムヤムクンやグリーンカレーなど、日本で生活しているときにはあまり食べないメニューが食卓に並ぶことが増えるでしょうし、細かな点ではお米も日本とは違い長粒種です。

もちろん、タイに限らず海外に移住しようと思えば、どの国でもこのような違いで苦労する点がでてきます。
今回は交通、気候、食事の3つを取り上げましたが、その人のライフスタイルによってはより大きな問題になる部分も出てくるかもしれません。
あまりネガティブになり過ぎる必要もありませんが、移住してから「ちゃんと調べておくんだった」と後悔しないためにも、事前の情報収集と検討はしっかりおこなうことをオススメします。

タイは日本と比べて物価も安く、親日家も多い国なので、きちんと計画を立てて移住すれば、充実した第二の人生を送ることができると思います。

 


「富裕層ビジネスに参入したいがよくわからない、何からはじめたらいいのか教えてほしい」というお悩みをお持ちの企業向けに、当社では様々な独自サービスをご用意しています。

  • 富裕層が本当に興味を持つ生の情報を見てみよう!
    富裕層ビジネスの知見を深めるための富裕層メンバーシップサイトの企業向け年間閲覧権
  • 富裕層マーケティングの基礎から一部応用まで学ぶ富裕層ビジネス研修
  • 日本初の富裕層ビジネス専門資格
  • 本格的に富裕層ビジネスに参入したい方にオススメの富裕層ビジネス顧問契約。

他にも様々な商品をご用意しております。
富裕層ビジネスにお困りのことがありましたら、随時当社へお問い合わせください。

富裕層マーケティングのことなら株式会社ルート・アンド・パートナーズへ

関連記事一覧

  1. プーケットへの移住を考える際にはまず日本との比較を